葬儀に参列する際に必要な物とは

訃報を聞いてから葬儀に参列するまでは、何かと慌ただしくなりがちで、身支度も短時間で済ませなくてはなりません。しかし急いでいたからと言って、身だしなみや持ち物にマナー違反があっては大変です。そこでここでは、葬儀に参列する際に必要な物や注意点について、紹介します。まず持ち物で注意したいのが、バッグです。バッグは黒のシンプルなものを選び、光沢のあるものや金具が目立つものは避けましょう。また、皮素材は殺生を連想することから、持参するのはマナー違反となっています。また、ハンカチを持参すると何かと便利なことが多いです。色は白などのシンプルなものを選び、レースなどの装飾は控えめなものが良いです。次に数珠についてですが、数珠は参列者それぞれで持参するようにし、貸し借りは行わないのが一般的です。数珠は故人に敬意を払うのに必要とされ、念仏の回数を記憶するためのものであることから、自分自身で持参するようにしましょう。