お葬式でしてはいけないこと

お葬式にほとんど行ったことがない人はマナーが気になるものです。そこで、事前にお葬式のマナーについて学ぶことはあっても、NGマナーについて知らない人も多いのではないでしょうか。
知らず知らずのうちに無礼をはたらくことの無いよう、NGマナーはしっかり理解して臨みましょう。

まず、遺族への挨拶ですが、葬式の場では参列することが弔意にあたるため、直接遺族に声かけをして挨拶をしなくても失礼には当たりません。
逆に呼び止めて話をしたり、挨拶以外の会話を長々とすることが失礼にあたりますので、遺族には「お悔やみ申し上げます」など一言の挨拶で留めます。

遺族以外の人でも、久しぶりに会う知人に会ったからといって長々と会話をし続けるのは厳禁です。
飽くまでも葬儀会場では故人を偲び、会場の外に出てから古い友人との親交を深めるような配慮が必要です。
通夜ぶるまいや会食の席でもお酒が入って大声で話したり、大声で笑ったりすることはマナー違反になりますので注意が必要です。