ノーネクタイで葬儀に出席するメリットとデメリット

ノーネクタイで葬儀に出席すると、周囲の人達の注目を浴びる、予備のネクタイをつけてもらえるなどのメリットがあります。礼服に身を包み、ネクタイを装着している人で占められている中にノーネクタイの人がいると、注目を浴びると見て間違いないです。その中には心配して声をかけてくる親戚もいるはずです。夜勤明けだと伝えれば、忙しかったから仕方ないと認識してくれます。また、家族か誰かが予備のネクタイを持っている場合は、そのネクタイをつけてくれることもあります。次の日にお礼を言って、貸してくれた人に返しましょう。
デメリットは怒られる、笑いのネタになるなどです。葬儀の席は身だしなみが整っていないと目立つだけでなく、社会人として相応しくないと見られることもあります。そのため、隅に呼ばれて怒られてしまうかもしれないです。ただ、つけることができなかった事情を話せば、言い過ぎたと謝罪してもらえます。また、後日に葬儀の日の服装のことで、笑いのネタになる場合があります。時間が過ぎれば自然と忘れられるので放置して良いです。