葬式の際の女性の服装

葬式の場では、服装もマナーの一つとされています。男性の場合にはスーツになりますが、女性の場合にはワンピースにジャケットというスタイルが基本であっても、ボトムスにパンツを合わせるなど多少の応用性はあります。しかし、喪服としてのマットな黒の素材を使用しているものであることや、装飾の控えめなもの、光ものや派手なものを避けるということには変わりがありません。それは、喪服に合わせるバッグや靴、ストッキングやアクセサリーにおいても言えることです。
女性であれば、外出をするときにはおしゃれをしたいものですが、葬式ではマナーを最優先する必要があります。アクセサリー類では金具が光るものは避け、結婚指輪以外であればパールのネックレスやピアス、イヤリング程度に抑えなければなりません。パールであっても白が基本となり、黒パールは年齢を重ねた女性であれば似合うのですが、葬式は地域性もあって黒パールが失礼となることもあります。