葬儀での服装マナー

葬儀の際には、言葉遣いや立ち振る舞いなどのマナーがありますが、何もしゃべらずにそこにいるだけでも服装マナーに違反しているということもあるものです。
葬儀の際の服装は地域や宗教によっても違いはあるのですが、一般的には光沢のあるものや華やかなものは避けて黒で統一することになります。女性の場合には特に注意が必要であり、葬儀の場ではおしゃれは必要ありません。洋服、バッグ、アクセサリーにおいても注意が必要であり、急な場合に備えて不幸事が起きる前に事前に用意しておくこともマナーになります。
女性の喪服は、黒であれば何でもいいというわけではありません。黒いスーツであっても普段着用しているものとは違い、黒味が深いマットな黒の服を着用します。ボタンでも布で包んであるクルミボタンなどにして光るものは使用されておらず、ファスナーであれば外側からは光る金具が見えないように作られています。フォーマルウェア売り場で手に入れれば、適したものが用意されているので間違いがありません。