カテゴリー別アーカイブ: 葬儀

葬儀の内容と意味

人が亡くなったとき、葬式が行われますがお通夜、葬儀、告別式という流れがあります。葬儀では、故人をこの世からあの世へ送るための宗教的な儀式になります。日本では、故人を葬る儀式として行われており、参列した方は故人との別れをそれぞれに悲しんだりお別れしたりします。流れや考え方は宗派や地域によって多少異なりますが、多くの場合は当日に故人の好きだったものや大切にしていたものを棺の中に入れて火葬します。これは、あの世へ行っても寂しくないようにという思いが込められています。また葬儀では、人の死について考える大切な場でもあります。普段余り考えることのない死について思いをめぐらせて、悲しむだけではなく故人の生きた証を残し、また残された人々がその証を受け取って生きていくための大切な場でもあります。葬儀に参列する機会があれば、宗教派をしっかりと調べたうえで参列し、故人とお別れする意味、これからの行き方などを考えるとよいでしょう。