カテゴリー別アーカイブ: お葬式

部下が上司の葬式に出席する長所について

部下が上司の葬式に出席すると、遺族に歓迎される、上司の顔が記憶に残るなどの長所があります。会社での出来事を上司が家族に話していた時は、自己紹介すると知っていますよと言ってくる場合もあります。上司が部下の失敗話を話のネタとしていたことになるため、恥ずかしいと感じてもおかしくありません。ただ、それは裏返せば、付き合いやすい人と認識していたことになります。そのため、遺族の話を聞いていると自然と涙が込み上げてくるはずです。泣きたいと感じた時はトイレか洗面所を貸してもらって、その中で泣くと人目につかなくて済みます。もっと話し相手になってあげればよかった、または真面目に接していればと後悔の気持ちを抱くこともあります。その時は、葬式が終了した後は時々でいいので、上司の家に線香をあげさせてもらいに寄るようにするといいです。
葬式での上司の顔は眠っているような姿なので、見ていると寂しいという気持ちも湧いてくるはずです。葬式の終わりに上司の写真を頂けるので、記念として家に持ち帰るのも悪くないです。