カテゴリー別アーカイブ: お葬式

キリスト教式による葬式の意味について

キリスト教の葬式といっても、宗派によってやり方は異なります。
特に、プロテスタントとカトリックでは同じ聖書を使用していますが、信仰の内容が微妙に異なるので、葬式のやり方もそれに応じて異なってきています。
カトリックの場合は、教会が「故人が天国に行けるように執り成す」という要素があります。そのため神父が最初に棺に聖水をかけて祈り、信者が「キリストのからだ」を表したパンを受け、ともに故人が永遠のいのちを得るようにと祈るミサを行います。
それに対してプロテスタントの場合は、「信仰をもっていた故人はすでに救われて永遠のいのちを得ている」と理解しています。したがって、式順は記されていますが儀式的要素はカトリックの場合より少なく、牧師の説教が中心となります。その内容も故人に対してと言うよりは「参列者に対しての慰めのことば」という要素が強くなります。
なお、カトリック・プロテスタントとも「故人を礼拝の対象にしない」ということでは共通しています。そのため仏式で行う焼香に代わり、献花をもって故人を送り出します。